2-3.年間スケジュールと授業時間

1) 年間スケジュール

 

  • 私たちの学校の1年間のスケジュール(例:2020年度のカレンダー)は、下図のとおりです。

  • 2学期制で、(前期:4/1~9/31、後期:10/1~3/31)年間の授業日数は180~200日程度となります。

  •  学期末各9日間を、点検・評価(個人・スタッフ)、学習発表(個人・クラス)、保護者面談の期間にしています。

  •  長期休み後の最初の日を「緩衝日」として設定
    ・緩衝日の時間割…1・2限目:振り返りと個別学習計画、3限目:クラスタイム、4・5限目:自由活動

2) 年間授業時間

 

  • 私たちの学校の年間授業時間は、39週計算で、下表のとおりとなります。

3) 毎月の連続休暇について

  • 長期休みとして、一般的な夏休み、冬休み、春休み以外に、秋休み、梅雨休み、GW休みを設定(それに伴い、夏休み期間を8/1~8/24 に短縮)しています

  • こうした休暇制度を設けることで次のようなメリットが考えられます。

・子ども … 定期的なまとまった休みは、休む権利の保障と自分を振り返ったり、新たなことにチャレンジしたりする機会

      とすることができる。

・スタッフ… 毎月、授業がない平日がができ、定期的なふりかえりや教材作成などを、個人やスタッフ間でじっくり行う

      ことができる。

・保護者 … 子どもと一緒に休みが取れれば、子どもと季節ごとの旅行や体験ができる。

・学 校 … 既存学校が夏休み期間中で私たちの学校が授業の日に、学校教員向けの研修の機会を提供し、

       私たちの学校の理念・手法の既存学校へ波及させる機会とできる。