低学年だけで過ごした一日

高学年クラスが笠寺へ出かけていた日、学校では低学年だけで過ごしました。

朝からなごやかな雰囲気で、基礎学習ではそれぞれ落ち着いて取り組み、とっても穏やか!(日ごろはやかましいレベルの賑やかさだったりします)



3限は分野別学習で「はちみつバナナカップケーキ」を作りました。

もとはカリキュラム・プロジェクトの時間に3年生の一人が提案した企画です。

みんなの提案するプロジェクト企画を仕分けし、このカップケーキ作りは分野別学習でおこなうことに決まりました。

発案した子はレシピをタブレットで調べ、混ぜて焼くだけの簡単な作り方を選択。

みんなと共有するためグループで模造紙にまとめました。





オーブンに入れて25分待つ間にお昼ごはんを食べました。

いつもは自分たちのクラスルームで食事する子が多いのに、この日は誰もいない高学年ルームにお弁当を広げる子ばかり!

意外な組み合わせでともに食事を楽しんでいる子たちもいました。

高学年不在という普段とは違う状況、自分たちだけで過ごす惟の森に、なんだか解放感を覚えたように見えました。


午後の分野別学習は「べんがら染め」です。

手ぬぐいを折りたたんで、白く抜ける部分の型を万力で押さえたら染める準備は完了。

藍色は最後のルールで好きな色をつけていきます。

折りたたんでいるので、布の重なっている内側も色がついているかしっかりチェックしました。

全部色をつけたらタオルで水気をとって広げます。

優しい色合いのさまざまな模様の手ぬぐいが物干しに連なりました!



スタートして約2カ月。

ついつい主張が過ぎて全体の場が乱れたり、文句の言い合いでイヤな気持ちになることも日々ありますが、この日はクラスのみんなで一緒に活動する心地よさが感じられた一日となりました。