地域の伝統に触れてみよう

更新日:2020年12月30日

【分野別学習:社会】


今年度はコロナのことがあって、特に高学年・中学部は校外での活動がなかなかありませんでしたが、12月に入って地元・緑区有松エリアの散策に出かけてきました。

有松絞りの作家であり、ホテルやイベントなど多岐にわたってコーディネートも手がける安保さんに有松地区を案内してもらいました。

400年続く伝統工芸の有松絞りについてスライドで説明を聞いたあと、旧東海道を東から西へ移動しました。






郵便局の向かいにあるガラス張りのおしゃれなショップ「suzusan」では有松絞りの衣類や雑貨が販売されています。

ドイツにも店舗があるそうです。欧米でも有松絞りは人気なのだそう。

クッションカバーが目についた子は「クリスマスプレゼントにあれをお願いしようかな」なんてつぶやいていました。





1790年創業、有松絞りの「井桁屋」は江戸時代の町屋建築とあり、歴史が感じられるその雰囲気に普段にぎやかなみんなも口数少なく滞在していました。

店内では老舗ならではのさまざまな柄、模様の反物が目を引きます。

江戸時代にも同じように作られたものが売られていたのだそう。

店主の言葉に上を見あげると時代劇に出てくるような籠が壁面にディスプレイされていました。

当時、嫁入りにはこれに乗ってきたのだそうです。


信号を渡ってさらに西へ行き「早恒染色」にお邪魔しました。